feature

『大切にしているのは、自然体と平常心のバランス:Sakurako Fukuuchi(モデル)』

『大切にしているのは、自然体と平常心のバランス:Sakurako Fukuuchi(モデル)』

大学卒業と共に陸上選手を引退し、いまも走り続ける櫻子さん。本気で走ることと向き合った彼女だからこそ導き出された「走ることはもっと自由なものであっていい」という気持ち。 「速くなくても一生懸命頑張らなくても、個人のペースで楽しむことが大切だと思っています」 陸上一筋で極めてきたからこそ培った走ることへの俯瞰した視点を持ちながら、可憐な佇まいでモデルとして活動することは、当時異端だったそう。それでも自分の道を邁進し、新しい道を切り拓いて積極的に発信している。 ランニングとサステナブルの関係性 Allbardsというライフスタイルブランドのアンバサダーを務める櫻子さんは”Sakuradashers(サクラダッシャーズ)というランニングチームを率いている。 「サステナブルと健康(ウェルネス)であることはイコールだと思っています。veganになることやゴミを減らすことに一生懸命になりすぎると、心がストレスを抱えてしまって不健康になってしまう可能性があって、ハッピーなことをしているはずなのにそれって全然ウェルネスじゃない。心が健康であることがまずウェルネスの第一歩だと思うので、何をするにも心が疲れるまで頑張りすぎないことが大切だなって。ランニングで1秒を削り出す走りを目指していたら、いつしか身体も心も削られて、走ること自体が継続不可になってしまっては本末転倒ですよね。何事もバランス良く楽しめるように、運動習慣を根付かせるチームを作ろうと思ったのが、Sakuradashersの発端です」 走ったことのないひとがランニングを楽しいと思ってくれたり、習慣になってくれることが一番のやりがいだという櫻子さん。サステナブルとランニング両方に興味がある若い世代を中心にその輪が広がっているが、ランナーができる環境問題への行動はどんなものがあるのだろうか。 「たくさんの呼吸をし、縁を感じながら走るランナーだからこそ、自分がいつも走るコースにゴミがないこと、そこに花や緑を増えていくことの幸せを感じることから入るといいんじゃないかと思います。何か具体的に行動を移したり短期的な結果を求める前に、そうなるための過程を知った方が行動に移しやすいんじゃないかって。Sakuradashersでもプロキングをやることもありますが、まずは個人の意識を小さくてもいいから変えていくことが大切ですよね。私も生活の中でプラスチックを買わない、使わないことを意識しています」 健康のために実践していることは? 身体のこと、身体に対して影響を及ぼすものを学ぶのが好きだという櫻子さんが、日常的に意識していることとは? 「偏頭痛や生理痛の緩和、血液をきれいにするなど、現代の女性が抱える悩みに対する対処法ってたくさんありますよね。わたしは定期的にファスティングをしたり、化学繊維を経皮吸収させないためにオーガニック素材のものを好んで使っています。何かを取り入れて改善するというよりも、人間が持つ自然治癒力を引き出して、本来自分が持っている健康を取り戻したいって思っています。そう考えると、動物性のものを生活から排除するという考えに至り、それが環境にも優しい行動に自然と繋がる連鎖が楽しいし幸せなんです。ミルクがいっぱい入ったカフェラテが大好きなので、全て排除してるわけではないですが、心地良い範囲でやっていますね」 AIMOVEについて 「現役時代の食事管理が厳しかったので、食事に関してはあまり追い込まないようにしています、タンパク質も毎日積極的に摂るというほどではありませんが、トレーニングした後は必ず摂っていますね。本当は食材からちゃんと栄養を摂りたいのですが、外出先だとそうもいかないので、タンパク質20gを簡単に補給できるAIMOVEはうれしいです。運動して食べるというカロリーダイエットをする場合、タンパク質20gを摂る場合って大体けっこうな量を食べなければいけないけど、AIMOVEは食べ切れる量にしっかり入っているのが魅力的。持ち運びの手軽さも考えると、日常的にあるととってもいいと思いますね」 Profile 福内 櫻子(Sakurako Fukuuchi)1993年8月30日生まれ。中学から陸上を始め、大学在学中には全日本大学駅伝2位、関東インカレ3連覇、ユニバーシアード日本代表に選出。引退後はモデル活動とランニングアドバイザーとして、走ることの楽しさを伝えている。
続きを読む
『目に映るものすべてが美しい人生であるために:Juri Edwards(ヨガスタジオ経営)』

『目に映るものすべてが美しい人生であるために:Juri Edwards(ヨガスタジオ経営)』

ヨガから享受していること ヨガインストラクターになって今年で10年。念願のスタジオを立ち上げ、インストラクターと経営者としての二面性を持ついまだからこそ、ヨガからどんな恩恵を受けているのでしょうか。 「わたしにとってヨガマットの上は、transformation(進化)の場。自分らしく生きていくために、ネガティブなものは全て手放して、自分を取り戻しています。忙しさや人間関係などで、怒りっぽくなってしまったり妬みの感情が生じてしまうことがあると思うのですが、それは本当の自分じゃない。誰にでもある感情なものの、心身のバランスを崩しているからこそだと思っていて。美しいものを美しいと言える心の余裕がある状態を保ちながら、常にまっさらな目で世界を見ていたいからこそヨガが必要なんです。ヨガは自分の外側にエネルギーを向けたエクササイズではなく、内側を見つめるもの。呼吸を深めながらどんどんマインドが落ち着いて、最後はリラックスして落ち着いた状態で終えられる。自分の中に静けさを取り戻すためにも、ヨガは最適だと思います」 運動のある人生で感じること ヨガ以外にも、ランニングやサーフィン、スノーボードなどアクティブな趣味であふれているJuriさん。アクティブなライフスタイルを送る理由は? 「たくさんありますが、ひとつはスポーツを通じたコミュニティとの出会いが、人生においてかけがえのないものだからです。一緒に汗を掻いて心拍数をあげているときは、お互い偽りも取り繕ったものも全くない。童心に戻って遊んで笑い合って、心で繋がる感覚が好きです。思い返せば幼少の頃から、男女関係なく人としてみんなで仲良くしていましたね。2つ目は、身体を動かすことでマインドがリセットできること。切り替えのスイッチみたないなものなので、日常に運動は欠かせないです」 人生を進化させるために意識していること 毎朝起きるのが楽しみだというJuriさんですが、そういう自分であるために何を心がけていますか? 「まずは、自分は進化系だと理解することから始まると思います。完璧になろうとせず、どんどん良くなれるからこそ、学ぶことも必要。たとえ辛く苦しいことがあったとしても、それによって進化できると経験を以って知ったからこそ、いつでもリスタートを切れるようになりました。何かを始めるときは誰しもが不安で緊張が伴うけれど、その過程も楽しむこと。常に自分にチャレンジを課して、緊張感をワクワクと捉えて頑張っている自分でありたい。そうするとチャレンジすることへの基礎体力がついて、もっと大きなことに挑戦できる自分になっていくと思います。ビジョンが大きくなればサポートしてくれるひとが増えてチームが結成され、自分の強みにだけ集中できるようになりました。経験によって積み重ねた自信があるからこそ、余裕を持って楽しめる自分でいられていると思いますね。いまこの瞬間にどうすれば”FeelGood”でいられるか。常に自分が心地よくいることをゴールに考えて、強迫観念があることをできるだけやめるようにしたら、より自分らしく生きられるようになりました。いつも大切にしていることのひとつです」 食事できをつけていること フィジカルもメンタルも食事内容が大きく影響しますが、心地よい自分でいるために意識していることはありますか? 「極力添加物を摂らないようにしていますが、運動していると栄養面からその時々で食べたいものがあるので、その観点で食事内容を決めています。自宅で食事をするときは野菜中心の自炊、外食をするときは心置きなく好きなものを食べる。できるときにできることをやるというというスタンスです。常にストイックでいるわけではなく、時には自制して身体を調整しているので、その選択肢として定期的にファスティングやジュースクレンズを取り入れています」 AIMOVEについて 「AIMOVEは大好きでよく食べています!ヨガやランニングの前に小腹が空いていて、何かお腹に入れたいなと思う時でも身体が重くなることがなく軽快に動けるので、そういうシーンでのチョイスにすごくいい。味も本当に美味しいし、1本で20gのプロテインが摂取できるのは魅力的。AIMOVEを食べるようになってからは筋肉痛が緩和されやすくなったので、アクティブなわたしにぴったりです」 Profile JuriEdwardsIGNITEYOGA主宰。様々な分野でマルチに活躍する。アメリカやハワイで得た世界観を生かし、クリエイティブにイベントやプログラムをプロデュースしながら、ヨガやマインドフルネスの新しい形を次々と提案し続けている。2015年からlululemonJapanローンチに携わり、イベント戦略に従事。現在は、様々なイベントにも出演し、アスリートのマインドフルネスコーチとしての活動の場を広げながら、原宿にオープンした自身のスタジオIGNITEYOGASTUDIO(igniteyoga.jp)を手がける。IG:@jurikooo|@igniteliving
続きを読む
『好きなものを大切に、自分らしくニュートラルでいること:三井麻央(モデル)』

『好きなものを大切に、自分らしくニュートラルでいること:三井麻央(モデル)』

運動を始めたきっかけ モデル活動のために二十歳で上京し、友人からの誘いでランニングを始めたMAOさん。それまでは走ることが大嫌いだったものの、出会いが多い刺激的な東京生活の中で体重が増加したこともあり、走ることを始めた。仲間と走る楽しさを知り、習慣となったランニングに加え、もともと身体を動かすことは好きだったため、ヨガやトレーニングもスタート。モデルとしての自己管理のために始めたけれど、フィジカルよりもメンタル的なメリットが大きかったそう。 体型にプライオリティを置いてやるトレーニングよりも、自分の心が満たされることにフォーカスすると長続きすると気付きました。筋肉のことを考えてトレーニングしながら、身体をしなやかにするためのストレッチや栄養面など多角的な視点を持って取り組んでいます。普段からプロテインやスーパーフードは積極的に摂取していますね」料理好きが昂じて始めたケータリングサービス「BADBADNOTFOOD」。CBDのお弁当や、スーパーフードやハーブを使ったスイーツ、グラノーラなど、彼女が持つ世界観が料理にも表現されている。 心身を整えるために習慣にしていること クリーンなマインドで、いつも真っ新な目で物事を捉えている印象があるMAOさんは、瞑想も習慣にしている。 「自分の心を安定させて生きていくことがすごく大切だと思っていて。外的要因で自分の身に何か起きても、すぐに感情を反応させない自分でいること。瞑想によってネガティブな感情を手放す練習をしていたら、自然とそれができるようになっていたし、小さな幸せに対しても、心から幸せだと感じられるようになりました。すごく助けられることが多いし、何より気持ちいい。好きなレコードをかけてヨガマットに座って、パロサントを炊いて自分の居心地の良い空間でやっています。気持ちよすぎて、途中で寝てしまうことも多いくらい。瞑想のある人生で良かったと思います」 ファッションへのこだわり 可憐さとシャープさを兼ね備えた顔立ちと、フィットなボディでファッションを楽しむMAOさん。好きなファッションを着こなすためにも、身体を整えておくことが大切だという。「わたしはナチュラルなスタイルが好きで、それが自分らしいと思っています。次々と新しい服を買うよりは、ずっと同じものをボロボロになるまで育てるのが好きなんです。ヴィンテージ感を自分で創り上げていくっていう感覚ですね。なので、寝るときも家の中でも外でも同じものを着るということが日常なんです。そんな風に頑張りすぎず、自分らしく着こなすためにも身体のバランスは整えておきたい。そのひとが持つ個性や特有の美しさがあると思うので、自分をよく理解して、好きでいられるのがいいですね」 AIMOVEについて 「プロテインは身体を強くするために、普段から摂取しています。栄養面から捉えてもタンパク質は必須栄養素であり、トレーニング前後はもちろん、朝食や間食にも取り入れていますね。AIMOVEはまず美味しいことが一番の魅力!1本の満足感もあるし、持ち運びもしやすい。身体を動かす前はしっかり食事をすると身体が重いので、トレーニング前に一番食べています」 Profile MAO MITSUI @mao_mitsuiモデル/ケータリング1990年生まれ。大阪出身。 2019年自身のケータリングサービスBADBADNOTFOODを立ち上げ、料理家としても活動している。
続きを読む